2014_01
16
(Thu)01:55

目薬なう♪

あー、目薬の時間なのに寝とるー

最近では、一日22時間は寝てる(!?)まるなので
6時間おきの点眼の際にタイミングよく毎回起きてるわけがないんですがっw
目薬で起こしてしまうのがかわいそうに思えて
もうちょっと後にしよ・・・・・・あ、忘れてた
で、大幅にズレることもしばしばです。

しかーし、
目薬なう

こんな風に横向きに死んだみたいに寝てるときは 大チャンス!
しかも半目ときたよー
ヒ~ッヒッヒッヒッ

☆大成功☆

反対側は首を少し起こして目薬しますが
まず起き上がることなく、そのまま寝続けます

眠りが浅い場合には起き上がってしまうこともあるので
その見極めが重要ポイントなのです
スポンサーサイト
2013_12
01
(Sun)03:02

まつげ♪

つけま1

まつげ2 
まつげ満開。

まるは元からまつげがよく伸びるタイプではありますが、
緑内障の目薬にある“まつげが伸びる”副作用のせいでしょうか、
このところ 伸び率がハンパないです。

目薬が点し辛いのでカットしたいところですが
つけま3
こんな感じで良いクッション材になったり、触覚代わりになっているようなので
しばし放置。
最近はトリミングも思うようにさせてくれなくなった、というのもありますが

(↓書いてたら長くなっちゃいました、しかも愚痴っぽい)
目薬と言えば・・・
もう12月になってしまいましたが
11月の眼圧検査の結果は良好でした

しかしまぁ、
病院帰り
騒ぐ騒ぐ。
自転車のカゴに少し乗せただけでサイレン
スリングもだめ、カートもだめ、タクシーもだめ・・・
おやつで釣ってもまったく無意味。
道中はどうやっても大騒ぎするので困ってます。
自転車のベルを鳴らさなくても皆さん奇声に驚いて避ける始末

10~15分程度ですが、この間に絶対眼圧が上がってる気がする。
眼圧だけならまだしも心臓にも精神面にも相当負担が掛かってると思うので
次回は通院回数を少なくしてもらえないか相談してみようと思います。

さて、目薬が増えました。
目薬
最初に緑内障になったほう、血の塊が出来てるほうの目(左目)が
最近、干からびてきました。
ドライアイです。
ヒアレインを2本処方していただきました。
6時間おきの緑内障の点眼の合間に、これ。
1ヶ月で2本が無くなる勢いの頻度で点眼しろ、と。

いつ寝ろっちゅうねん。

まー、適度にしっかりちゃっかり寝てますが

目薬、左から
ラタノプロスト2.5ml(3500円)・コソプト5ml(5000円)・ヒアレイン5ml(1500円)×2
今のまるの眼にはこれが毎月必要です。

実際にはラタノプロストは容量が少ないので頑張っても3週間でなくなります。

病院から処方されているラタノプロスト(3500円)はキサラタン(5000円)のジェネリックですが
同じ効果のものがそれより安価にネットで入手できるので、そちらを併用しています。
目薬2
キサラタンジェネリック2.5ml
4本以上買うと1本あたり2000円に。
シンガポールから届きます
最初の5000円と比べれば半額以下~♪
ドボドボ使っちゃえ~ぃ♪
と、正直、金銭感覚がおかしくなってます

ぱっちりおめめを守るために
つけま5
がんばるよー
2013_10
27
(Sun)03:05

*10月の定期検診*

もう随分と日にちが経ってしまいましたが
10月の始めにまるの眼の定期検診へ行ってきました。

ちょっと気になることがあったので内心ドキドキでしたが
眼圧検査の結果は先月と変化なし
痛みも無いでしょう、とのことでした。

気になることとは、これです
 まる目20131006
いきなりギョロ目画像でビックリしますね。
何度やっても上手く撮れず、わかりにくいのですが、
角膜中央ら辺に血の塊?のようなものが見えますでしょうか~。
ある日突然出来たんです、たぶん。

なんだこれ?と思い また鬼検索ですよ。得意のw
そしたらこれと似たような画像(たぶんプロからすれば全然違うのでしょうが)
角膜の癌とか出てきまして
ガンだったらどうしようとドッキドキだったわけです。

で、診察室に入ってすぐに「変わりないですか~?」と聞かれ
私「えっと、ちょっと・・・これ・・・なんでしょう」と蚊の鳴く声以下。
すると先生「あー、ぶつけたな~?」と笑っておられる。

ほっ。

どうやらあのボウフラのような血の塊は
ぶつけて傷が付いてそれを治そうとしている最中の血管らしい。

「もうね、短吻種はしょうがないよ!」とばっさり。

まるの場合、もう視力が無いので痛みさえ無ければそれで良い。
なので特になにか治療をするわけでもなく・・・

何度も何度もぶつけると潰瘍化してしまうこともあるので
エリザベスカラーをしてぶつからないようにするのも手ですが
エリカラがストレスになって寿命を縮める場合もあるとのことで
結局 なんもしてない。

本犬も気にしている様子はない。
まるちゃん つえぇぇ

食後にこんなことしてるから傷付いたのでは?
口周りをこすってる間に目もこすってしまっている気がします。
見えないのをいいことに加減無くこすりまくるんですよねぇ。
ぽんぽん、と背中をノックして止めさせてはいるのですが。
スッキリ
痛くなければそれでいっか~

17才と1ヶ月、きょうも元気です
2013_08
07
(Wed)01:56

学習中♪

まるが緑内障と診断されてからちょうど一か月が経過しました。
あの高い目薬は早くも三本目に突入しています。
おそるべし緑内障


まるの目がこんなことになって
心配になったことの一つに“水分補給”があります。
お水の位置はわかるんだろうか??
飲みたくても場所が分からず飲めない、なんて・・・(´;д;`)ウッ…

しかし、そんな心配は無用でした
おみず1

すんなりとは行きませんが、ふ~らふらしながら
今までの配置の記憶やニオイででしょうか?
ちゃんと探し当てます

犬ってすごいなー。

おみず2
今までは手前の陶器の水入れひとつだけでしたが、
見つけやすいように、と何度か手(足)を突っ込んでこぼしてしまっていたので
予備のつもりでステンレスのでっかいのを置きました。
ステンレスのほうが人気のようです

おやつは口元に持っていけばパクついてきます
おやつ1
ただ、″おやつタイムの終わり″が解らないので
おやつ2
しばらくその場でひとり立ち尽くします。
これがまた不憫と言いますか、切なくなってくるので
頭を二回撫でたら“終わり”ってことしてみようか。と夫と決めました。
さすがにちょっと難しいかなとは思いますが、
まる、学習だ学習♪ がんばろう☆

zzz.jpg
はな看護師も それなりにがんばってまーす
はなもも

たくさんの応援拍手・コメント・メッセージ・その他
本当にありがとうございます!!
おかげさまで、まるちゃんもはなちゃんも少し慣れてきた様子で
今のところ穏やかな日々を送れています。
私の涙腺もすっかり詰まりました。
今は鳩の恩返しを待つばかりです
おい、鳩。目薬でもいいから持って来い。
2013_07
27
(Sat)23:59

まるの目 それから...

なにから伝えればいいのか わからないまま時は流れて・・・
眼科1
(まだ二度目の診察・7月9日の写真)

まるの目は悪い方向に行くばかりで・・・悲しいのとショックと、
パソコンを開いたらついつい緑内障検索に走ってしまうこともあって
なかなか更新できずにいましたが、最近やっとふっ切れたというか
慣れてきたというか、現状を受け入れて前向きになってきたところです。

この日記の続きになります。
※いつにも増して長文です。

もう6~8時間おきの点眼をやっていくしかないね、と言われてしまったまるの左目。
それはそれで仕方がないか~と思っていたのが7月14日でした。
もう内科的なことはこれ以上やることはないよ、一生点眼。とのことで
定期的な診察に切り替わり、次回は2週間後の約束でした。

な の に

それからわずか5日後の7月19日、
緑内障とは反対の右目に黄色い目ヤニと充血を確認。
ん?また角膜を傷つけちゃった?と思い
(シーズーなのでこんなことは日常茶飯事でした)
角膜炎と緑内障の目薬をしてみるも、一日経っても治まらない。

両眼性とは聞いていたけどまさかな。こんなに早いわけないよね。

7月21日、まったり日曜日の夕方のことでした。
やはりちょっと気になった&夫のススメで眼科へ電話をしてみる。
私「右目があーでこーで・・・
次回は28日の約束でしたがちょっと早めてもらっても良いですか~?
明日とかあさってとか・・・」(←のんき)
先生「いやいや、出来れば今日診たい。」
私「い、行きますっ!!」(←目が覚めた)

早速、診察が始まりました。
点眼から2時間も経過していないので眼圧は許容範囲だったものの
充血の仕方が緑内障独特というか・・・視力もかなり落ちてるし・・・

先生「ほぼ緑内障で間違いないでしょう。
遅くても3年以内に片目もなるものだけど、うーん、ちょっと早かったな」
と渋い表情を浮かべておられました。

まるの目は両目とも緑内障になってしまった。

そして、左目のときと同様、6時間おき点眼から始まり
目薬の効き具合をみて判定していきます。

両目ともに6時間点眼で一日を過ごして翌々日の23日に再診。
ここで大変ショックなことが起きてしまったのでした。
眼圧 右目9~11
     左目27~33

おい、左目。どうした。

最初に緑内障になった左目がすでに6時間おきの点眼では
コントロールができなくなってしまっていたのです。
恐れていた目薬が効かなくなるときがやってきた。
こんなに早く。

先生は前々から「6時間おきをずっとなんて実際無理ですよ。
最初の2~3日はいいけどね。
犬も飼い主も相当な負担、だからそうなったらだいたいは手術するんです。」
とおっしゃってました。

点眼でコントロールできなくなってしまったまるの左目は
視力も残ってないし、眼圧が上がって痛くなってくるだけ。
内科療法はここまで、あとは外科療法しかありません。と。
つまり、

ただ痛いだけの目、どうするか?

取るでしょ!

手術の方法としては3種あって
・眼球摘出術(眼球を取り除いてまぶたを縫う)
・内義眼手術(目玉の中身を取り除いてシリコンを入れる)
・眼内薬物注入(薬で神経をやっつけるみたいな?)

摘出や義眼の手術は全身麻酔ですが、
薬物注入に関しては点眼麻酔または鎮静剤だそう。

どれにもメリット・デメリットあり。
そもそも16歳という年齢なので麻酔が不安です。
緑内障で死ぬことは無くても、麻酔の事故はありうる。

それでも思い切って手術したとする、しかし
右目もあとを追って同じ運命をたどってしまう可能性も大有りなのです。
その時に一気に手術してしまったほうがいいのか・・・

もしくは痛くならないことを願いながら4~6時間おき点眼で様子を見ていく。
(眼圧上昇による痛みや不快感には個体差があるもよう)

究極は放置。
昔だったら放置だったそうな。
確かに、一昔前は目が大きく飛び出て
牛眼になってしまっているわんこをよく見かけたものだけど。

今すぐその場で決めるなんてもちろん無理な話。
先生も「これは難しい選択、じっくり考えてみてください」と。
帰り際「ちなみに先生がこのコの飼い主だったら?」と
ありきたりな質問をしてみましたところ、
「摘出!」と即答でした。

どうしよう どうしよう で頭がいっぱいな帰り道
ハァハァなってるまるちゃんに「もうちょっとだけ我慢してね」と頭を撫でながら
向かったのは掛かりつけの動物病院でした。
まるのことをよく知ってくれてるいつもの先生の意見も聞いてみよう。

その病院が近くなってくるにつれてなぜだか涙が滲んできて
いかんいかん、と涙腺をキュッと締める。

到着。
夏だからかスゲー暇そう。良かった。

まるを抱っこして「いま眼科の帰りなんですが・・・」と
先生の顔を見た瞬間、締めたはずの涙腺が崩壊。
私の顔面がゲリラ豪雨ですよ。
「べぐずりがぁぁ ぎがなぐなっでぎぢゃっでぇぇ・・・
(目薬が効かなくなってきちゃって)

先生(女性)は優しく「うん、うん」と話を聞いてくれました。
女性だからか外観を気にするのかな、
「このカワイイお目目を取っちゃうのはねぇ~」と。
そっちか。そっちは気にしてなかったわ。
麻酔への不安を伝えると「中途半端な鎮静よりむしろ全身麻酔のほうが安全だよ」と。
近頃の麻酔はとっても安全なんだそう。
麻酔への不安が和らいで少し気が楽になりました。
とりあえず点眼で頑張ってみて、どうしようもない不具合が生じてきたら
その時は決断しよう。

視力が戻らないことにもう変わりはない。
あとは不快感だけ取り除いてやっていくしか。

最近のまるを見ていて、想像する彼女の視界は

視力.
これが通常だとすると

↓まるの場合
視力
きっと、こんな感じ。
静止しているものは見えてないようす。
目の前で手を振ると右目が少し反応する程度です。

大好きだったごはんやおやつがわかりません。
帰宅した夫のこともわかりません。
ハーネスを見せたら散歩だとわかって起き上がって来てくれていたのに
今では無反応です。
あまりにも急すぎて悲しくて1~2度程ガーッと号泣しました。

ぶつかりながらでも歩こうとするから
これからは私がまるの目となって
ぶつからないようにお散歩楽しんでくれるといいなー。

ほんと暗い内容で申し訳ありません。
まるも家族も早くこの生活に慣れて
明るくいけるように努力していきたいと思います。

通常、突然目が見えなくなったワンコはショックと不安で
動かなくなることが多いそうですが、
まるの場合はよく動き回ってることが幸いしているそうです。
筋力面だけでなく、動いてるうちに学習していくからなんだとか。
天然炸裂なまるが学習する脳を持ち合わせてるかどうかは別として

がんばれ、まるちゃん!

←応援拍手ポチッとお願いします☆
2013_07
22
(Mon)09:27

ジェネリック☆

※きょうも緑内障の話です(ながーいよ)

診察4回目(7/14)
8時間おき点眼の結果
眼圧 右目(白内障)13~15 
            左目(緑内障)26~30
6時間おき点眼では14まで下がっていた眼圧でしたが
30まで上がってしまっていました。
したがって、8時間以上間隔を開けることは無理となり
ギリギリ8時間、できれば6時間おきでいってみましょう。
と、最終判定がなされました。
6~8時間おき点眼でしばらく様子を見て2週間後再診です。

例の高価な目薬、キサラタン。
上手に1滴・1日2回・片目の点眼でだいたい1ヶ月持つそうです。
まるはまだ目薬を始めてから1週間ですが、
一日3~4回の点眼なので、次の診察まできっと持たないでしょう
ということで、2本目をいただきました。待ってましたのジェネリック
ラタノプロスト

キサラタン¥5,250 → ラタノプロスト¥3,675
3割安。
ちょっとの差ですが塵も積もればなんとやら。。。

帰り際、薬が効かなくなるときがやって来ることもある、
突然 目がまっかっかになることもある、と脅しを入れられる。ヒィィ

今は考えないでおこう。

まる目
一見、健康そうに見える目ですが
まる右目
↑右目 白内障+角膜に色素沈着いっぱい。
この色素沈着は過去に何度か傷付けたときにできたもの。
こんなですが視力は残ってます。

まる左目
↑左目 緑内障
まぶたをめくると充血が確認できます。
今回の緑内障により視力はほぼ失われました(泣

わんちゃんの緑内障は飼い主さんがすぐに気付かないことが多く
病院へ連れて行ったときにはすでに失明している場合が9割だそうです。
犬の観察が大好きな私もその9割の中に・・・。

後からいろいろ思い出してみて、あれはサインだったのかもと
思ったことがあったので書いておきます。
3ヶ月ぐらい前だったか、散歩中に日陰から日向になったときに
驚いた様子で目をシバシバさせて立ち止まったことがありました。
緑内障は光をまぶしく感じるそうなので
もしかしたらあの時すでに始まっていたのかなと。

あとは、検索していて気になったのは
てんかんの発作から約3週間後に緑内障になったというお話。
まるも6月7日と6月19日に謎の発作を起こしています。
目がおかしいなと思ったのが7月2日・・・
うーん、実に興味深いです。
発作のときに目が飛び出そうになっていたので
それで眼圧が急激に上がっておかしくなった・・・とか?


緑内障は治りません。
緑内障で失われた視力は戻りません。
悲しいことに、失明を待つばかりの病気だと。
ただ進行を抑えることはできるそうなので
とにかく早期発見・早期治療が大事なんだそうです。

いつもなら点眼で治るはずの充血が治らないな~
目をしょぼしょぼさせてるな~など
おかしいなぁと思われたら直ちに眼科専門医に診てもらうことを強くおすすめいたします。

ちなみにまるの時は眼科検査代(総合)は¥1,0500でした。
驚くような高さでは無いと思いますので・・・
その後の目薬代には おったまげましたが(笑)
それでも良心的な価格なんだとのちのち検索していて知る。

じー
はな看護師、熱心です

次回の診察は二週間後ということで
とりあえず一日おきの通院が無くなり一段落~。
ところが一週間後、再びまるを乗せて自転車を病院まで走らせたのでした。
つづく。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。