2016_11
16
(Wed)00:00

11歳の健康診断♪

161104b.jpg
病院に来たよ。4ヶ月ぶりかな...
もう11歳なので余裕です余裕~
過呼吸? いーえ、スマイルです
ですよね?はなちゃん。
161104g.jpg
診察室のほうを見るまなざしがいつになく真剣ですw
はな「ひらくな~ゴマ!」
それよりどーしたー耳毛ー
鬼太郎もびっくり

さて、今回は腎臓機能の検査と混合ワクチンです。
体重は6.15kgでまずまず。
161104c.jpg
(採血中)
SDMAとその他5項目の血液検査。結果は数日後。

161104f.jpg
(聴診中)
心雑音は6段階中の1以下ということで良好。

161104d.jpg
(ワクチン接種中)
キャナイン6Ⅱ

数日後...血液検査の結果が出ました。
SDMA 13(前回10)
BUN 25(前回24)
CRE 0.8(前回0.9)
すべて基準値内で一安心。

とは言え、療法食(キドニア)は継続で低たんぱくを心掛けること。。。
161104e.jpg
とは言え、大好きなお肉はやめられません

*先日ちょこっとだけ告知した19日-20日の
第2回犬部フェスタ@わんダフルネイチャーヴィレッジへの参加の準備も
万端なわけですが、19日のマークは気のせいですか?老眼? (つд⊂)ゴシゴシ *
スポンサーサイト
2016_09
10
(Sat)01:00

腎臓ケアフード食リポ♪

フード1

※今回の食リポはすべて腎臓ケアフードです。健康なわんちゃんは流し読みしてね。

まずは、こちら♪
フード2
フォルツァ10 リナールアクティブ
原産国 イタリア
主な原材料(上位5) 米 ポテト 加水分解ベジタブルプロテイン(ポテト) 鶏脂肪 魚油
粗タンパク質14%以上  粗脂肪17%以上
代謝カロリー 381kcal/100g

飼い主的第一印象:パッケージの絵が確実にキモい。味が濃そう。イタリアフード初めて♪
フード7
むむっ
フード6
独特な香りは原材料5番目の魚油でしょうか。
ちょっとクセがありそうです。
フード8
ウェットでごまかしても避けて食べちゃうあたり いまいちの模様。
もちろんウェット無しでは食べないので残念ですが×

次はこちら♪
フード3
ハッピードッグ サノN
原産国 ドイツ
主な原材料(上位5)トウモロコシ、米粉、ポテト粉末、牛脂、家禽脂
粗タンパク質12.5%以上  粗脂肪14%以上
代謝カロリー 369.3kcal / 100g

飼い主的第一印象:粒が大きい。味が薄そう。
フード9
ウェット混ぜはまぁまぁの食べっぷり。
ウェット無しの場合↓
フード10
朝はウェット無しで鶏の胸肉を添えてます。
胸肉だけ完食。。。犬あるある。
フード11
うーん。一番小さいサイズでも1kg入り。
食べてもらわないと困るよー。
フード12
ウェットを混ぜれば完食するので夜用にして消費してもらいます。

続いてはこちら♪
フード5
ナチュラルハーベスト キドニア
原産国 アメリカ
主な原材料(上位5)精製白米、α化米、全粒大豆(グリシニン源) 、グルコース、鶏卵
粗タンパク質15%以上  粗脂肪10%以上
代謝カロリー 339kcal/100g

100g入りのポータブルパックがあったので、なんとなくついで買いしてみたもの。
ほとんど眼中に無く期待もしてなかったのですがー・・・
フード15
出ましたー、喜びの舞
しかもウェット無しでもパクパク食べます
もうこれに決定!大袋(と言っても1.36kg)を取り寄せました。
フード16
ほんまかー。

前回のアニモンダのニーレンもはな的には高評価だったのですが、
サイズが小さいものでも2.5kgの大袋で食べきるまでに3ヶ月もかかってしまいました。
その間の酸化や劣化が気になって気になって
どれだけ上質なドッグフードでも酸化や劣化をしていたら無意味ですもんね。
人間でも一ヶ月前に開けたポテチとかよう食べませんよね。
まるちゃんがいた時にはサクサク減ったのになぁ(笑)

ドライフードの最適な保存方法や他にもオススメ腎臓ケアフードがありましたら
ぜひぜひ教えて下さい。勝手にリポーターはな摩呂より。
2016_07
20
(Wed)14:49

おさぼり中(SDMA検査結果)

16720a.jpg
こらこら。毎日が夏休みやないかっw

またまた随分と間が開いてしまいましたが元気です

7月上旬のこと。。。
  16720b.jpg
例のSDMA検査を受けに来ました。
(SDMA←さだまさし、と覚えてます)

例によって挙動不審全開です
16720d.jpg
いますいますー
16720c.jpg
体重6.25kg

6.5kg(4/13)→6.35kg(5/25)→6.25kg(7/6)
食事に気を付けるようにしてからじわじわと減量中。
※5.8kgまで許容範囲

16720e.jpg
採血中。
SDMAは血液検査です。
こちらの動物病院ではSDMA単独で2,000円、
BUNやCREなど9項目がセットになった検査で4,500円とのことだったので
セット検査をお願いしました(外注)

この病院でこの検査を受けるのははなが初めてらしく
結果はたぶん2~3日後には出ていると思います、とのことでしたが
結果を知ることができたのは5日後でした。ドキドキの5日間。

さて、結果ですが、
SDMAの基準値は0–14 μg/dL
はなのさだまさし度は基準値内の10でした。
BUN24 CRE0.9
すべて基準値内だったので投薬は再び保留に。

血液検査だけならただの健康体なんですが、以前受けた尿検査が引っかかるのよね。
蛋白が漏れてしまっていることには違いないみたいで。

そんなわけで引き続き低たんぱくを心掛け、3~6ヶ月ごとに検査をということでした。

16720f.jpg 
狆のリリちゃん始め、JFZ(腎不全)の会のみなわん、
お肉も少々食べながらこの夏も元気に一緒に乗り切るぞっ
2016_05
25
(Wed)15:00

*再検査の結果*

食事制限を開始してから約一ヶ月が経過したので
腎機能の再検査を受けてきました。
(その結果は最後に

この一ヶ月の間、低たんぱく食を心がけ基本のフードはもちろんのこと、
おやつにも気を遣ってきました。

なるべく小麦粉系のビスケットやクッキーにして、
大好きなチーズ(今までは人間用の一才からのチーズだった)は
ヒマチー

カッチカチのヒマラヤチーズスティックで我慢。
ヒマチー2
ヒマチーそのものは高たんぱくですが硬くて量を摂れないので良いかなと(・ー・;)ゞ

一番好きなグリニーズはなんとなくワンサイズ小さいのに変えましたw
たまには野菜も食べてみたり
はな書道家
書道家あらわるっ( *´艸`)

茹でササミや蒸し卵が主だった朝ゴハンは
胸肉に変えて量は5分の1程度に、代わりに腎臓ケアフードと練カボチャを追加。
お肉100%のジャーキーも量をかなり減らしてだけど食べたりしたよ。
お肉を食べることが生きがいと言っても過言ではないので
ここをゼロにすることはできません

16525b.jpg
晴れの日も雨の日も適度に運動もして水分補給もばっちり!
16525a.jpg

よく頑張ってたからきっと少しは数値が下がってると思うけどドキドキするね

今回は院内検査が可能な3項目なので10分程度で結果が分かります。
待ってる間ずっとドキドキ。
待ち時間
ちなみに体重は150g減って6.35kgでした
よんだ?
呼ばれたよ結果は・・・
ちゃららーん。
                          前回        今回               
検査結果525 

BUN(基準値9.2~29.2)43から22.4まで下がり正常値になってました!

やったねやったねがんばったね、はなちゃん(T_T) 泣けるー笑

結果が出る前、先生は「30台には下がってるかなと思います」と仰ってましたが
予想を遥かに超えて20台前半まで下がってました
先生「今まで相当高たんぱくな食事だったのでは?」と。

「はい、ほぼ毎日ササミ一本は食べてましたー

正常値になったとはいえ、たかが高たんぱく食で数値が上がるというのは
腎臓が弱っている証拠、ということでまだまだ様子見です。
先日チラッと書いたSDMA検査ですが、7月1日から正式に導入されるそうです。
既に取り入れてる動物病院もありますがそれはトライアル的なものでデータ集め?なんだそう。

ご参考までに→SDMA: 腎臓病の早期診断

しばし投薬は保留でSDMAの検査結果次第になりそうです。

心配してくれた皆さんどうもありがとう
引き続きがんばります
2016_04
28
(Thu)06:00

食事制限

わんわんカーニバルを楽しんだ翌日のことでした。
動物病院からの着信。
(↓その4日前の写真)
病院1

先日13日に受けた血液検査の結果に一つだけ気になる点があるとのこと。

どうやら尿素窒素(BUN)が高値を示してしまったようです。
BUN43(基準値9.2~29.2)
この数値が高いと腎機能の低下が疑われるそうですが
幸いクレアチニン(CRE)には異常がないので緊急性は低い模様。
CRE0.7(基準値0.4~1.4)
しかしもっと詳しく調べるためにと尿検査を勧められました。

早速、尿検査キットを受け取りに。
病院2
なんと、はなぼー初めての尿検査です。

スーパーのプラスチックパックをちょっと改造して受け取り皿にし
朝一の尿の採取に成功。

はなが受けた尿検査、尿蛋白/クレアチニン比(UPC)は外注なので
時間かかるかなと思ったら翌日には検査結果が出たらしく再び着信。
やはり異常値を示してしまったようです。
UPC2.03 (基準値0~0.5)
かなり高値です。
血液検査の結果も含め、腎不全の初期の初期と診断されました。
こんなに早い段階で検知できたのはまれとのこと。

しかし、腎臓の機能は一度失われるとほぼ回復しません。
投薬や食事制限で進行を遅らせることしか出来ません。

泣きそうでした、つか泣きました。夜な夜な。

ただこの血液検査、恐ろしいことにクレアチニンにおいては
腎機能が75%まで低下するまで数値として現れないんだとか。
それが尿検査では50%低下で数値として現れるのでより明確に腎臓の状態がわかるそうです。
そしてさらに、最近になって導入されたSDMAという検査では25~40%なのでもっともっと明確に。
こちらはまだはなの行ってる病院ではやったことがないそうで
いろいろ調べてから取り入れる(外注だけど)予定だそうです。


さて、原因についてですが、
先生曰く、はなの場合若い頃から心臓に雑音(1/6)があったことから、
心臓の働きが年齢と共に腎臓に悪影響を及ぼしてきた可能性あり。
もしくは日頃の食生活。(たんぱく質の摂りすぎ)
食生活においては思い当たる節があるので悔やんでいます。
大好きな鶏ササミを始めとする肉類をあげすぎていたと思う。

今後は、1~2ヶ月ごとに腎臓の数値をモニターし、
血圧を下げる薬と低たんぱく食で様子を見ることになりました。

フードについては、まー調べた調べた(笑)
アニモンダニーレン
アニモンダ インテグラ プロテクト ニーレン(腎臓ケア)のドライとウェットです。
ドライ→タンパク質14% リン0.3%
ウェット→タンパク質6.7% リン0.16%
ただし脂肪分が多く嗜好性は高いがカロリーが高めなので注意。

これまであえて高たんぱく(33%)フードを選んできた私としては
原材料のトップがライス・コーン・牛脂肪...だなんて絶対に選ばなかった内容となってます。

お米とトウモロコシ・・・食べるかな(汗

だけど徐々に徐々に切り替えていかなければ。
初日はドライフードだけ切り替えてみた。
食事制限
ゴハンがまた不気味な色をしているのは、カボチャやアズキ、ウコンなど
内臓に良かれと思ったものを煮込んで練ったのが混ざっているからです。

一応美味しそうに食べてくれたので一安心。
体のためとは言え、美味しくないゴハンを毎日ではちょっとね。
まだそんなに神経質になる必要は無いと思いますが頑張ってみます。

そしてお薬ですが、
ベナゼプリル
ベナゼプリル

心臓疾患にも使われるお薬で、一度始めたら止め時がちょっと難しいそうです。
はなの場合、今すぐ投薬しなければならないようなレベルでは無く、
もしかしたら食事制限だけで基準値に戻る可能性もあるとのことで
投薬開始のタイミングは飼い主に任せられました。
夫と相談した結果、低たんぱく食で頑張ってみてどれだけ数値が変わるか調べてみてから
お薬を開始することにしました。
一日一錠。一錠100円なのでそれほど負担ではないかな。

毎年行ってきた血液検査で今回初めて異常な数値が出てしまいかなり動揺しましたが、
早い段階で病気に気付くことができて良かったと今は前向きな考えです。

善福寺公園