2013_07
27
(Sat)23:59

まるの目 それから...

なにから伝えればいいのか わからないまま時は流れて・・・
眼科1
(まだ二度目の診察・7月9日の写真)

まるの目は悪い方向に行くばかりで・・・悲しいのとショックと、
パソコンを開いたらついつい緑内障検索に走ってしまうこともあって
なかなか更新できずにいましたが、最近やっとふっ切れたというか
慣れてきたというか、現状を受け入れて前向きになってきたところです。

この日記の続きになります。
※いつにも増して長文です。

もう6~8時間おきの点眼をやっていくしかないね、と言われてしまったまるの左目。
それはそれで仕方がないか~と思っていたのが7月14日でした。
もう内科的なことはこれ以上やることはないよ、一生点眼。とのことで
定期的な診察に切り替わり、次回は2週間後の約束でした。

な の に

それからわずか5日後の7月19日、
緑内障とは反対の右目に黄色い目ヤニと充血を確認。
ん?また角膜を傷つけちゃった?と思い
(シーズーなのでこんなことは日常茶飯事でした)
角膜炎と緑内障の目薬をしてみるも、一日経っても治まらない。

両眼性とは聞いていたけどまさかな。こんなに早いわけないよね。

7月21日、まったり日曜日の夕方のことでした。
やはりちょっと気になった&夫のススメで眼科へ電話をしてみる。
私「右目があーでこーで・・・
次回は28日の約束でしたがちょっと早めてもらっても良いですか~?
明日とかあさってとか・・・」(←のんき)
先生「いやいや、出来れば今日診たい。」
私「い、行きますっ!!」(←目が覚めた)

早速、診察が始まりました。
点眼から2時間も経過していないので眼圧は許容範囲だったものの
充血の仕方が緑内障独特というか・・・視力もかなり落ちてるし・・・

先生「ほぼ緑内障で間違いないでしょう。
遅くても3年以内に片目もなるものだけど、うーん、ちょっと早かったな」
と渋い表情を浮かべておられました。

まるの目は両目とも緑内障になってしまった。

そして、左目のときと同様、6時間おき点眼から始まり
目薬の効き具合をみて判定していきます。

両目ともに6時間点眼で一日を過ごして翌々日の23日に再診。
ここで大変ショックなことが起きてしまったのでした。
眼圧 右目9~11
     左目27~33

おい、左目。どうした。

最初に緑内障になった左目がすでに6時間おきの点眼では
コントロールができなくなってしまっていたのです。
恐れていた目薬が効かなくなるときがやってきた。
こんなに早く。

先生は前々から「6時間おきをずっとなんて実際無理ですよ。
最初の2~3日はいいけどね。
犬も飼い主も相当な負担、だからそうなったらだいたいは手術するんです。」
とおっしゃってました。

点眼でコントロールできなくなってしまったまるの左目は
視力も残ってないし、眼圧が上がって痛くなってくるだけ。
内科療法はここまで、あとは外科療法しかありません。と。
つまり、

ただ痛いだけの目、どうするか?

取るでしょ!

手術の方法としては3種あって
・眼球摘出術(眼球を取り除いてまぶたを縫う)
・内義眼手術(目玉の中身を取り除いてシリコンを入れる)
・眼内薬物注入(薬で神経をやっつけるみたいな?)

摘出や義眼の手術は全身麻酔ですが、
薬物注入に関しては点眼麻酔または鎮静剤だそう。

どれにもメリット・デメリットあり。
そもそも16歳という年齢なので麻酔が不安です。
緑内障で死ぬことは無くても、麻酔の事故はありうる。

それでも思い切って手術したとする、しかし
右目もあとを追って同じ運命をたどってしまう可能性も大有りなのです。
その時に一気に手術してしまったほうがいいのか・・・

もしくは痛くならないことを願いながら4~6時間おき点眼で様子を見ていく。
(眼圧上昇による痛みや不快感には個体差があるもよう)

究極は放置。
昔だったら放置だったそうな。
確かに、一昔前は目が大きく飛び出て
牛眼になってしまっているわんこをよく見かけたものだけど。

今すぐその場で決めるなんてもちろん無理な話。
先生も「これは難しい選択、じっくり考えてみてください」と。
帰り際「ちなみに先生がこのコの飼い主だったら?」と
ありきたりな質問をしてみましたところ、
「摘出!」と即答でした。

どうしよう どうしよう で頭がいっぱいな帰り道
ハァハァなってるまるちゃんに「もうちょっとだけ我慢してね」と頭を撫でながら
向かったのは掛かりつけの動物病院でした。
まるのことをよく知ってくれてるいつもの先生の意見も聞いてみよう。

その病院が近くなってくるにつれてなぜだか涙が滲んできて
いかんいかん、と涙腺をキュッと締める。

到着。
夏だからかスゲー暇そう。良かった。

まるを抱っこして「いま眼科の帰りなんですが・・・」と
先生の顔を見た瞬間、締めたはずの涙腺が崩壊。
私の顔面がゲリラ豪雨ですよ。
「べぐずりがぁぁ ぎがなぐなっでぎぢゃっでぇぇ・・・
(目薬が効かなくなってきちゃって)

先生(女性)は優しく「うん、うん」と話を聞いてくれました。
女性だからか外観を気にするのかな、
「このカワイイお目目を取っちゃうのはねぇ~」と。
そっちか。そっちは気にしてなかったわ。
麻酔への不安を伝えると「中途半端な鎮静よりむしろ全身麻酔のほうが安全だよ」と。
近頃の麻酔はとっても安全なんだそう。
麻酔への不安が和らいで少し気が楽になりました。
とりあえず点眼で頑張ってみて、どうしようもない不具合が生じてきたら
その時は決断しよう。

視力が戻らないことにもう変わりはない。
あとは不快感だけ取り除いてやっていくしか。

最近のまるを見ていて、想像する彼女の視界は

視力.
これが通常だとすると

↓まるの場合
視力
きっと、こんな感じ。
静止しているものは見えてないようす。
目の前で手を振ると右目が少し反応する程度です。

大好きだったごはんやおやつがわかりません。
帰宅した夫のこともわかりません。
ハーネスを見せたら散歩だとわかって起き上がって来てくれていたのに
今では無反応です。
あまりにも急すぎて悲しくて1~2度程ガーッと号泣しました。

ぶつかりながらでも歩こうとするから
これからは私がまるの目となって
ぶつからないようにお散歩楽しんでくれるといいなー。

ほんと暗い内容で申し訳ありません。
まるも家族も早くこの生活に慣れて
明るくいけるように努力していきたいと思います。

通常、突然目が見えなくなったワンコはショックと不安で
動かなくなることが多いそうですが、
まるの場合はよく動き回ってることが幸いしているそうです。
筋力面だけでなく、動いてるうちに学習していくからなんだとか。
天然炸裂なまるが学習する脳を持ち合わせてるかどうかは別として

がんばれ、まるちゃん!

←応援拍手ポチッとお願いします☆
スポンサーサイト
2013_07
22
(Mon)09:51

3才ぐらい?

知らないおじさんに「3才ぐらい?」って言われたもん

たまたま動画で撮ってる最中でした

よーく耳を澄まさないと聞こえないかも。
(ってゆーか、話しかけられたら手を止めろ?

まる♪

「るんっ♪」 

転ぶことが多くなってきちゃったけど
 片目が見えなくたってちゃんとお散歩できるんだから
5分ぐらいだけど。
2013_07
22
(Mon)09:27

ジェネリック☆

※きょうも緑内障の話です(ながーいよ)

診察4回目(7/14)
8時間おき点眼の結果
眼圧 右目(白内障)13~15 
            左目(緑内障)26~30
6時間おき点眼では14まで下がっていた眼圧でしたが
30まで上がってしまっていました。
したがって、8時間以上間隔を開けることは無理となり
ギリギリ8時間、できれば6時間おきでいってみましょう。
と、最終判定がなされました。
6~8時間おき点眼でしばらく様子を見て2週間後再診です。

例の高価な目薬、キサラタン。
上手に1滴・1日2回・片目の点眼でだいたい1ヶ月持つそうです。
まるはまだ目薬を始めてから1週間ですが、
一日3~4回の点眼なので、次の診察まできっと持たないでしょう
ということで、2本目をいただきました。待ってましたのジェネリック
ラタノプロスト

キサラタン¥5,250 → ラタノプロスト¥3,675
3割安。
ちょっとの差ですが塵も積もればなんとやら。。。

帰り際、薬が効かなくなるときがやって来ることもある、
突然 目がまっかっかになることもある、と脅しを入れられる。ヒィィ

今は考えないでおこう。

まる目
一見、健康そうに見える目ですが
まる右目
↑右目 白内障+角膜に色素沈着いっぱい。
この色素沈着は過去に何度か傷付けたときにできたもの。
こんなですが視力は残ってます。

まる左目
↑左目 緑内障
まぶたをめくると充血が確認できます。
今回の緑内障により視力はほぼ失われました(泣

わんちゃんの緑内障は飼い主さんがすぐに気付かないことが多く
病院へ連れて行ったときにはすでに失明している場合が9割だそうです。
犬の観察が大好きな私もその9割の中に・・・。

後からいろいろ思い出してみて、あれはサインだったのかもと
思ったことがあったので書いておきます。
3ヶ月ぐらい前だったか、散歩中に日陰から日向になったときに
驚いた様子で目をシバシバさせて立ち止まったことがありました。
緑内障は光をまぶしく感じるそうなので
もしかしたらあの時すでに始まっていたのかなと。

あとは、検索していて気になったのは
てんかんの発作から約3週間後に緑内障になったというお話。
まるも6月7日と6月19日に謎の発作を起こしています。
目がおかしいなと思ったのが7月2日・・・
うーん、実に興味深いです。
発作のときに目が飛び出そうになっていたので
それで眼圧が急激に上がっておかしくなった・・・とか?


緑内障は治りません。
緑内障で失われた視力は戻りません。
悲しいことに、失明を待つばかりの病気だと。
ただ進行を抑えることはできるそうなので
とにかく早期発見・早期治療が大事なんだそうです。

いつもなら点眼で治るはずの充血が治らないな~
目をしょぼしょぼさせてるな~など
おかしいなぁと思われたら直ちに眼科専門医に診てもらうことを強くおすすめいたします。

ちなみにまるの時は眼科検査代(総合)は¥1,0500でした。
驚くような高さでは無いと思いますので・・・
その後の目薬代には おったまげましたが(笑)
それでも良心的な価格なんだとのちのち検索していて知る。

じー
はな看護師、熱心です

次回の診察は二週間後ということで
とりあえず一日おきの通院が無くなり一段落~。
ところが一週間後、再びまるを乗せて自転車を病院まで走らせたのでした。
つづく。
2013_07
13
(Sat)01:10

まるの目 その後...

※長文な上、まとまりが悪く、記録交じりの病気の話なので
スルーを推奨いたします(~_~)

ステロイドが効いたのか充血が少しづつ消えてきて
視力も一時期よりは回復したように思えましたが
微妙に残ってる充血が気になったので
かかりつけ医に相談→紹介で眼科を専門分野としている動物病院で診てもらいました。
数年前にはなの逆まつ毛でお世話になった病院です→
眼科
梅雨明け発表の翌日、七夕の日でした~。
激アツの中、自転車を鬼漕ぎ片道20分。

眼圧を測ったりした後、ズバッと病名を告げられ、
ショックと暑さで頭の中がまっちろけに。
額やワキだけでなく目からも汗が噴き出しそうでした。
眼科で
目玉の絵を描いて丁寧に説明して下さいましたが、
専門用語オンパレ(古)でまるで英語の授業でも受けているかのよう。
隅角(ぐうかく)が、とか チン小帯(ちんしょうたい)が、 とか。
「は?チンがどうしたって??」状態。

まるの左目は
水晶体亜脱臼による続発性緑内障 だそうです。
原因は「年齢的なもの」
緑内障=失明 とイメージしていたので大変ショックでした。

まるの左目はすでに見えていない、
おそらく1~2か月前から発症していたのでは?とも。
さらにショックだったのは、まるの場合は両眼性であり
いずれ右目も発症するでしょうと言われたこと。
ただ、その発症が先なのか、寿命が先か・・・。

とにかく、今は左目の治療に専念しましょうと言うことで
目薬で眼圧を下げます!!
眼圧が下がったら視力も戻るかもしれないよ。と。

眼圧の標準値は15mmHg前後だそうですが
まるの場合、右20 左45。
興奮状態にしても高い。
人間だと45mmHgにもなると眼痛から頭痛も起き吐き気を催すレベルだそうですが
犬はわりと平気らしく80mmHgでもゴハンをバクバク食べる場合もあるそうな。
犬だと″違和感があるな~″程度だそうで、「最近目を気にしてなかった?」と聞かれ
そういえば、ちょっと前から随分と顔をこすりつけてたなぁと。
てっきり口周りのアカラスのカサブタが痒いのかと思ってましたが
もしかしたらあれがサインだったのか・・・
目薬
コソプトとキサラタン。
一つ5000円。合わせて一万円也。
ぎょー
この目薬、高いだけじゃない。
点眼する時間をきっちり守らなくてはならない。
初日は6時間おき。(まるの場合)
(例)深夜0時→6時→12時→18時
これで一日半~二日ほど続けた後、再診(7月9日)
しかも薬の効き目が遠のいている時間、
つまり、点眼予定時間の寸前のタイミングで診せないといけません(11:30)
そして、眼圧の変化を見ます。
それによって
まったく効いていない・少し効いている・よく効いている
まったく効いてなければ、最悪・・・目を切除。
よく効いていたら8時間おきに点眼を延ばす。

まるの眼圧、右15(前回20) 左15(前回45)に。
(点眼は左目だけです)
よく効いている!!
視力もわずかに回復している!!

その日から、8時間おきに。
生活リズムなどと調整して
深夜1時→9時→17時に。
点眼し忘れが一番良くないそうなので携帯電話をアラーム設定。

で、あさって(7月11日)再診・・・の繰り返し。
11日は診察のタイミングを間違えちゃいましたが(アホ)
両目とも13~14mmHgと地味に下がってました。

8時間おきの点眼をこの先一生ずっと。
これは飼い主にもかなりの負担がかかるので
最終的には一日二回の点眼で済むように
眼圧10まで下げたいそうです。

と、ただいま一日おきの通院で少々くったりしています。
よりによってなんでこの猛暑最中にー。
タクシー
あまりにも暑いのでタクシーを利用しています。
往復3000円程度ですが一日おきとなるとね・・・。

金銭面も心配ですが
「いくらかかってもいいから」と夫。
その言葉と、病院へ行きたいときに行ける環境を
与えてくれてることに感謝。
そして、この目薬にはジェネリックもあるそうなので
明るく前向きに行こうと思います。

眼科の先生からも「この年齢で、どっか悪くなるのは当たり前。
それが腎臓や肝臓じゃなかっただけ良いじゃない。
命に係わる病気じゃないから悲観しないようにね」と言われました。

我が家には最強の看護師ちゃんもいることだし♪
頼んでないけどぉ。^m^
看護はな
安眠妨害してるようにしか見えませんが
一日に何度もまるの様子を伺いに行く姿が健気でカワイイ❤
けど、ベロチュ~が結構しつこい。

看護はな2
家族みんなで まるを見守ってます
2013_07
04
(Thu)01:44

お久しぶり~の近況☆

元気です。
まる1
 
夏仕様のまーるーっ

あ、縦写真のサイズも習得しました

はな1
6月9日から始まったはなのレディースタイムも終わりました。

ちょっと暗~い話になりますが、健忘録も兼ねて・・・
まるの心配事(発生順)
①口周りのアカラス(2011.8)
②シュウ酸カルシウム膀胱結石(2013.2)
③ALT・ ALP数値の基準値大幅超え
(2013.4.17)
④シャンプー中の失神?意識もうろう/10秒位
(2013.6.7)
⑤早朝、睡眠中に大悲鳴をあげながらのけいれん/30秒位
(2013.6.19)
⑥結膜炎からの視力低下
←いまここ

食欲は大いにあって、散歩は軽快に歩いて、すやすや眠って
総合的にはとても元気なんですが時々心配の種をばら撒いてくれます...

④⑤の失神やけいれんの際には「とうとうお迎えが・・・」と覚悟しました。
でもすぐケロッとなって、なんだった??状態。
まるの死ぬ死ぬ詐欺には何度引っかかったことか
でも詐欺で良かったー。
種類の違う発作ですが、「どちらもてんかんではない気がする」と先生。
なんだろー。なんだろー。と様子見。
今度倒れたら舌の色をチェックしてね、と。

他にも、すごく元気が無い日があり涙目で病院へ駆け込んだ時もありました。(2013.5.22)
(ゴハン食べない・避妊手術から帰ってきたときのような痛みにこらえてる風な表情・転ぶ)
想像でしかないのですが、②の結石がどこかに引っかかってひどく痛かったのかな、と。
診察台の上ではケロリとしていましたが
エコーで見てみると膀胱にモヤがかかり結石も気持ち大きくなってるような。
膀胱炎の疑いもあり、抗菌剤・消炎鎮痛剤の注射。
一応今度同じことが起きた時用の痛み止めをもらって様子見
んで、翌日通常まるに。 涙返せー。

③については「おそらく食事に原因が」とのことで
偏食まるがそれまでお気に入りだったシーザーのトッピングを絶ちました。
シーザーよりせめてデビフ、と言われましたが
デビフはあまり食べてくれないのでこの際にウェットフードを一切絶ち
手作りごはん+ドライ(今はアカナシニア)20粒程度に。
一か月後、見事に数値が下がってました
ALT(基準値5~45) 218 →145
ALP(基準値110~360) 1990→1111
まだ大幅に超えてますが・・・(汗
サプリも加えましたが、食事の大切さを改めて実感。
これもまた、様子見。

①のアカラスには新薬のサーチフェクトを勧められていますが
使用したワンちゃんのブログを検索してみると、
ニオイのキツさもあってか体調を崩すことが多々あるようなので拒否中。
今より症状が広がってきたら今まで通りドラメクチンだな。

⑥については、ただの結膜炎での視力低下はあまり考えられないので
眼底出血もしているかも?と。
その出血が視界の邪魔をしている。
高齢になると目の血管も細くなり切れやすいんだとか。
「結膜炎 眼底出血」を画像検索してみたけど、違うな~ ってか怖いよ、画像が。
検索しているうちに緑内障にぶち当たり、
もしかしてこれなんじゃ・・・と今心臓をバクバクさせているところです。
とりあえず今は、ステロイド注射と止血の飲み薬で様子見。
アカラスにステロイドは免疫力を下げてしまうため絶対にNGで、
今日の注射でアカラスが広がるかもしれないけど
仕方ないです!と言われました。
今は眼が優先ですねっ
目も耳も・・・だなんて、できれば避けたいです。


何が起きてもおかしくない年齢なのかもしれませんが
何か起きると「死んじゃうの?」と涙が出てしまいます。
いかん、ここで泣かなかったら治る!とおまじないのようにして
泣かないようにしています・・・。

だれか、飼い主の心配性に効くお薬下さい。
これも様子見するしかないのでしょうか・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。