2014_03
29
(Sat)23:59

はなだより♪

東京の桜の開花具合を はなリポーターがお届け致しまーす
329a.jpg


329b.jpg

329c.jpg

329f.jpg

329d.jpg


この うんこリポーターめ。

はなに代わってゴーストリポーターがお届け致しますぅ。
329e.jpg
五分咲きぐらい?

以上、はなだよりでした

329g.jpg
帰りに寄ったカフェにて。
サービスでいただいた野菜てんこ盛り丼に困惑してる の図
スポンサーサイト
2014_03
25
(Tue)05:00

左回りは脳腫瘍?

間もなく17歳と6ヶ月になる まるちゃん。
咳が治ってホッとしたのも束の間。
その5日後の夜中に発作を起こしました。
私の視界に入るところで丸くなって眠っていたのですが
突然フッと力が抜けて くたーっと伸びました。
あ、熟睡モードに入ったなと思いました。
ところが、同時にヒャンヒャン・・・・・
ギャオーギャオーッと悲鳴を上げ始めました。
私は咄嗟に背中から覆うようにまるを羽交い絞めにし
夢から覚めろ~!と揺さぶったり、まるが一番嫌がる口の周りの毛を引っ張ったりしました。
20秒ぐらいだったでしょうか。。。

今だから「あれは発作だったのかもしれない」と思えるのですが、
その時は「怖すぎる夢に激しくうなされている」と思っていて
とにかく悪夢から覚ましてやらなければ!という思いでいっぱいでした。

夢から覚めた(発作がおさまった?)まるは驚いた様子で
興奮状態に陥り、部屋中をすごい勢いで徘徊し始めました。
まるの顔をよく見てみると、ゆっくりではありますが眼振もみられました。
落ち着かせようとビスケットを与えるとこれまたすごい勢いで食べました。
何かに取り憑かれたかのように・・・

その後も興奮は収まらず今度は同じ場所をぐるぐる旋回し始めました。
下手に転んだら危険だし、疲れちゃうからと動きを抑えると鳴きます。

(カメラが自動的にピントを合わせようとするため時々ボケて観にくくなりますm(__)m)

こんなことを約1時間。

「どうしてしまったんだろう」という不安と
「結構体力あるじゃん」という安堵感。

旋回運動においては、目が不自由になってから散歩中や
シャンプーから解放されたとき、病院での待ち時間等に時々していましたが
こんなに長時間は初めてのことでした。

次第にはなも不安を感じてか、イライラしてしまったのでしょう。
突然怒り出し、まるの口元に噛みついてしまいました。
ここではなを叱るべきなのか。
でも、私にはできませんでした。
はなをなだめながら抱えて ただただまるを見守るしか。

朝になり、起きてきた夫に話すと
認知症の始まり?と。

認知症ってこんな突発的なのか?

認知症になると後ずさりが出来なくなるそうですが
まるは後ずさり出来てるし。。。

認知症なら認知症で全然かまわないのですが
(随分前から覚悟はできてる つもり)
あの悲鳴と眼振とロング旋回はいったい何だろうと気になり
あれこれ検索しているうちに
「(旋回運動で)左回りは脳腫瘍の疑いが濃い」
という情報がチラホラ出てきました。
最初は「へ~」と他人事のように読み流していましたが
さっき撮った動画を見直したときに血の気がサーッと引きました。

・・・・・まるちゃん、左に回ってる・・・・・

年齢的にも脳腫瘍があっても全然おかしくない。
・・・・・もしかして・・・・・

そこから、犬の脳腫瘍について検索しまくり
不安でいっぱいになって、最悪の事態も想定した上で
かかりつけの獣医師に電話してみました。

結論から言うと、大丈夫でした。
左回りは脳腫瘍かもの件については「初めて聞いた」と笑っていました。
でもネットではそう言ってる獣医師?もいるので真相はわかりません。
ネットには怖いことしか書かれてないから検索するのやめなさーい、と
言われてしまいました。 が、やめられまへんな(笑)

脳腫瘍かどうかの検査は CTやMRI=全身麻酔となるので
年齢的に不可能、と言うかそこまでしたいと思いません。
腫瘍が見つかったところで何が出来る?というのもありますし。
知らずに明るく過ごしていくほうがまるや家族にとっても良いことだと思うので。

脳腫瘍以外で考えられるのは、
てんかん・突発性前庭疾患・睡眠時無呼吸症。
電話なので口頭だけでの病状説明でしたが
「てんかんのような気がするけど、うーん・・・」 ということでした。

しかし、今回のように興奮状態が長く続くことはあまり良いことではないらしく
てんかんを抑える薬(毎日服用)もあるとのことでしたが
発作が頻繁ではないことから今回は(も)見送ることに。
過去に似たような発作を去年6月と11月に起こしていますが
4~5ヶ月間に1度起きるてんかんのために毎日の投薬は考えものです。
またすぐ発作が起きたら即座に投薬を開始しようと思っていますが
あれから20日間が経過、今のところ発作は起きてない模様です。
325a.jpg
お散歩も同じところをぐるぐる周るだけですが しっかり歩けます

320d.jpg
ストーカー兼介護犬もいるから心強いね

一時はどうなることかと思いましたが、
325c.jpg
今年も二匹揃ってお花見ができそうです
2014_03
20
(Thu)00:00

まるちゃんスキー♪

320a.jpg

320b.jpg
(あしを閉じなさい。あしを。)

これまた別の日
320c.jpg
(あし閉じてー。あしあしー。)

320e.jpg
(ねえ あし・・・)

仲良く(?)くっ付いて寝るかわゆい二匹を見せびらかしたかった(笑)のに
くびれなしコちゃんの大股開きで台無しになってしまいましたょ
書こうと思ってた内容と全然違う

熱血はな介護士の動画どぞー❤

迷惑がられて まるのオムツけつパンチで終わるっていう
2014_03
03
(Mon)23:59

ひな祭りなのにー。

33-1.jpg
きょうは楽しいひな祭りぃぃ♪

ですがー、
前日の2日(日曜日)の朝方、まるが突然咳をし始めました。
朝8:00~9:30位の間、10分程度おきに ケホケホッ カッ と
寝たいのに咳が出ちゃって寝られない様子(:_;)
喉に何か引っかかってる?と思うような こんな咳

これまで咳らしい咳をしたことが無かったので
慌てて検索してみると、心臓肥大で気管支が圧迫されてるだの肺水腫だの・・・(怖
33-2.jpg
その後、お昼に少し咳をしたくらいで翌日も軽くケホッと言った程度でしたが
やはり心配なので動物病院で診てもらうことに。
33-3.jpg
上の動画を観せて、聴診器で心臓などを診てもらいました。
診察台の上でも「うにゃぁぁ~~!」とずっと鳴いてるので、
大変聴き取りにくく先生も苦笑。
ですが、心臓・肺・気管支に雑音などは確認されず
「たぶん喉(だったか気管支だったか)に軽い炎症が起きたのでしょう」と。

高齢犬にはよくあることだそうです。

ホッ

33-5.jpg 33-6.jpg
漢方薬(麦門冬湯)だけいただいて様子を見ることになりました。
粘膜を潤す効果があるそうな。
それならドライアイにも良いかもね

早速、夜ごはんに混ぜ混ぜ
33-7.jpg
この写真ではまるで自力で食べているかのようですが、実は・・・

自力ではなかなか上手に食べられないので
小さな団子状にしてスプーンで与えています。

すんごいまずそうに見えるごはんの内容は
鶏の胸肉・かぼちゃ・白米・ハトムギ・ゴマ・ウコン・ショウガ・
あおさ・ ひじき・やまぶし茸・アカナシニア・デビフ缶少...等
を煮たり潰したり練ったりしたもの。

二匹とも毎度大喜びなので
ま、まずくないよ? たぶん・・・

33-8.jpg 
いつも 先に食べ終わったはなが無言の圧力をかけてきます
33-9.jpg
まるちゃん残さず全部食べました
33-10.jpg
ひな祭りケーキ(人間用だけど)も少しもらえて満足寝な二匹❤

こんなに食べてるのに、まるの体重は4.6kgと最底値。
若い頃のピーク時には6.7kgもあったのにねー。

なにはともあれ、重病じゃなくて良かったです
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。