2015_09
04
(Fri)07:00

まるのこと《検査結果》

********************
2015年5月6日にお空へ旅立った愛犬まるの最期の記録です。
グロテスクな写真等は載せてませんが、病気の話が苦手な方や
関心の無い方は読まないで下さい<m(__)m>
********************
まるのこと《異変》の続きです。

■検査へ■

4月15日 検査のため病院へ。
体重はたった5日間で240gも減って3.4kgになっていた。
腫れている右のリンパに針を刺す。まったく嫌がらない。
口腔内の腫瘍はてっきり口の中に針刺し(かなり嫌がるはず)かと思っていたら
頬からの針刺しだった。これも嫌がらず、というかたぶん気付いてない。
続けて、持続性のある抗菌剤を背中に注射。
これは可哀想なくらい悲鳴をあげた。ごめんね、まる。

一応細胞採取はうまくいった。
あとは検査機関次第。結果は二日後。

お灸を教えてもらって帰った。
はなまる日記「○○はじめました☆」



■細胞診の結果■
細胞診報告書 
クリックで拡大されます。
細胞診報告書(シーズー18♀)    
素人目にもわかる細胞の壊れよう。
やはり悪性だった。
そして最凶最悪と言われる黒色腫(メラノーマ)だった。
 ほぼ確定なんだろうが「疑われます」の言葉に
私は最期まで淡い希望を抱いてしまった。

胸の音には異常がないので肺への転移はおそらくしていないとのことだった。
先生は余命についてなど何も話さなかった。

しばらくはブログに書けないでいた。
書いたら本当のことになりそうで。

今思えば 受け入れられずにいたのですね。。。

食べても食べても痩せていく体と日ごと大きくなっていく腫瘍。
まるに栄養を与えてもガンがそれを奪っていってしまう。
これが癌の恐ろしさ?
食べてくれるのは嬉しいが、癌を元気づけているようで複雑だった。


あんなに痛がった強めの注射も効果は現れず...(悲
びわの葉教
いつしかビワの葉信者になっていたのでした。
はなまる日記「たくさんのビワの葉」

残された時間はあとどれくらいか分からないけど
まるが喜ぶことをたくさんしよう。

目も見えない、耳も聴こえない、まともに歩けない、
認知症で私のことすらわからなくなっているかもしれないまるに
何をしてあげたら良いんだろう。


続きます(のんびり)
関連記事
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック